Blogブログ

【40代女性に人気】学芸大学で白髪染め特化の美容院がメリットデメリットを解説

 

こんにちは 学芸大学の美容院 enu TOKYOです。

 

今日は、白髪染めなど

白髪に関するカラー施術が好評の美容院が

白髪染めのメリットとデメリットについて

解説させて頂きます!

 

また、話題の脱白髪染めと白髪染めでは

同じ白髪を隠すでも何が違うのか?

という点がご理解頂けますよ!

 

 

白髪染めのメリット

 

白髪染めのメリットは下記の2つです。

  1. 白髪がきちんと染まる
  2. 染料が濃いので艶のある髪に見える

 

白髪染めの特徴は、染料が濃いということです。

なぜなら、白髪をきちんと染めるためには

濃い色素を入れなければ染まることはありません。

 

そのため、白髪染めは濃い染料で作られているので

白くなってしまった髪をキレイに染めることが可能です。

 

また、染料が濃い分

全体的に色みをしっかりと入れることができるので

髪1本1本が芯のあるように見えて

髪に艶があるようにみえます。

 

 

白髪染めのデメリット

 

白髪染めのデメリットは下記の2つです。

  1. 暗めの色しか染めれない
  2. 3週間に1回染める必要がある

 

白髪をきちんと染めるには

染料の濃い色を入れるため

暗めの色でしか染めることができません。

そのため、明るい色味が好きな方には

不向きなカラーです。

 

また、白髪は3週間程で気になるため

3週間に1回のペースで染めないと

鏡を見るたびに白髪が気になってしまうでしょう。

 

 

 

明るいカラーを楽しみたい方は脱白髪染め

 

もしあなたが

  • 白髪はカバーしたい
  • でも明るいカラーにしたい

という思いがあるのであれば

脱白髪染めがおすすめです!

 

どのようなカラーがあるのか見ていきましょう!

当店のスタイリスト樋口が担当する

お客様のお仕上がりを紹介します。

 

 

①ハイライトやバレイヤージュでカバー

 

まずはハイライトやバレイヤージュで

白髪をカバーする方法です。

全体的にハイライトやブリーチを入れる目的は

白髪と同じ白っぽい明るい髪をハイライトでつくることで

白髪を白髪に見えないようにするという目的で入れています。

 

そのため、立体感のあるカラーでありつつも

ハイライトが白髪をぼかしてくれるので

目立ちにくくなります。

 

②ファッションカラーで白髪ぼかし

 

ブリーチやハイライトを使わずに

ファッションカラーで白髪をぼかす方法です。

明るめで透明感のある色でも

白髪をカバーしながら染めることができます。

 

今回はベージュ系の色味でしたが

アッシュやピンクなど

割とどのような色味にも対応できるところが魅力ですね!

 

 

まとめ

 

白髪染めのメリットは下記の2つです。

  1. 白髪がきちんと染まる
  2. 染料が濃いので艶のある髪に見える

 

また、白髪染めのデメリットは下記の2つです。

  1. 暗めの色しか染めれない
  2. 3週間に1回染める必要がある

白髪染めにはメリットとデメリットがあるので

把握した上で、白髪染めを選択するか考えて見ましょう!

 

明るい色味・カラーの頻度を空けたいという方には

白髪染めハイライトや、白髪ぼかしがおすすめです!

 

当店では白髪に関するカラーが

得意なスタイリストばかりですので

お気軽にご相談くださいませ!

 

 

enu TOKYOでは

カウンセリングをとても大切にしています。

お客様に好評のenuショート・enuボブ・enuロブ

自宅でも再現できるように

しっかりとお話をさせて頂きます。

 

また、脱白髪染めと酸性ストレート

当店のお客様に大人気でございます。

 

  • ショート・ボブ・ロブにしたい
  • 白髪染めをやめたい
  • 自分の髪をサラサラにしたい

そんなあなたはお気軽にご相談ください!

 

 

 

 

enu TOKYO

白髪ぼかしが得意なスタイリスト 樋口はこちら

 

 

 

白髪ぼかしを検討中の方におすすめのクーポンはこちらです

上記リンクから

こちらのクーポンをご選択くださいませ。

(こちらは期間限定のクーポンです)

 

 

 

その他の樋口の施術に関する記事はこちら!

脱白髪染めって何?30代40代の白髪に悩むあなたの悩みを脱白髪染めが得意な美容師が解説します!

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事