Blogブログ

【毎回必要なし?】白髪ぼかしでハイライトする頻度とは?学芸大学の美容院が解説!

 

こんにちは

学芸大学の美容院 enu TOKYOです

 

本日は

白髪ぼかしのハイライト

について紹介させていただきます***

 

  • ハイライトをいれる頻度
  • ハイライトを入れる理由

 

について解説しますので

ハイライトいれる必要あるのかな?

と、考えていた方は

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

毎回ハイライトを入れる必要がある?

①基本的には毎回いれる必要はない

 

基本的には、毎回ハイライトを入れる必要はありません。

今の髪の状態がとても暗かったり、

白髪染めの残留が多い場合は

ハイライトを入れる頻度があがります。

 

しかし、基本的には

3回に1回の来店でハイライトをいれると良いですよ*

 

②デザインと白髪の量によって異なる

 

  • どのようなデザインにしたいか?
  • 白髪の量はどのくらいあるのか?

によっても、ハイライトの頻度は異なります。

 

例えば、白髪の量が少ないけど、

とても明るいカラーにしたくない方は

毎回ハイライトをいれると明るくなりすぎてしまうため

おすすめできません。

 

しかし、とても明るいカラーを目指しつつ

白髪をカバーしたい方は

頻度にハイライトを入れたほうが

理想の色味に近づきやすくなります*

 

ハイライトをいれるとどうなる?

 

白髪ぼかしでハイライトをいれる理由は

あえて白髪の仲間をつくる

という目的で行っています。

 

そのため、ハイライトをいれると

退色した時に白髪だけが目立つことがなくなり

何となくボケているような感じになってくれるのです。

 

また、退色した後のほうが

全体的に明るいカラーになるので

明るい色味が好きな方は

よりカラーを楽しむことができますよ****

ハイライトを施術したお客様

 

こちらが当店のスタイリスト樋口

施術させていただいた

白髪ぼかしでハイライトをされたお客様です。

 

ハイライトがあるので

立体感のある色味になりましたね*

 

このくらい透明感のある色味にしても

白髪をカバーできます*

 

まとめ

ハイライトは毎回入れる必要はなく

  • 白髪の量
  • デザイン

によって、頻度は異なります。

 

あくまでも、白髪ぼかしのハイライトは

白髪をぼかす目的で入れているため

1人1人の白髪の状態で

施術頻度は異なります。

 

自身がどのようなデザインを楽しみたいのか

担当の美容師に相談してみましょう*

 

 

enu TOKYOでは

カウンセリングをとても大切にしています。

 

お客様に好評のenuボブや脱白髪染め・酸性ストレート

自宅でご自身でも再現できるように

しっかりとお話をさせて頂きます。

 

ショートやボブにしたい方、脱白髪染めや酸性ストレートが

気になる方はお気軽にご相談ください!

 

 

 

enu TOKYO

今回の脱白髪染めを施術したスタイリスト 樋口はこちら

 

 

 

脱白髪染めを検討中の方におすすめのクーポンはこちらです

上記リンクから

こちらのクーポンをご選択くださいませ。

(こちらは期間限定のクーポンです)

 

 

 

その他の脱白髪染めに関する記事はこちら!

ヘナから脱白髪って可能?脱白髪が得意な学芸大学美容室が実際の写真も紹介!

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

Day off ※名前記載日:公休日