Blogブログ

【なぜかゆい?】白髪部分の痒さはこれが原因でした。白髪特化の学芸大学の美容院が紹介します◎

 

こんにちは

学芸大学の美容院enu TOKYOです◎

 

突然ですが、

いきなり頭皮がかゆくなった!

という経験はございませんか?

 

中でも、

  • 白髪が生えている方
  • 白髪染めをされている方

は、かゆい!と感じる方が多い印象です。

 

さらに、

どうしたら良いのかわからず

そのままにしています・・・

という方も・

 

そこで、本記事では

白髪部分がかゆい原因について解説します。

かゆくなったときの対処方法

合わせて紹介しますので

参考にしてみてください◎

 

 

白髪部分がかゆいのは太さが関係する

 

白髪部分がかゆくなる原因は

白髪の生えている毛穴が

黒髪にくらべて太いからです。

 

そのため、白髪が生えてくる時に

毛穴を刺激することで

ムズムズしたような痒さを

伴うと言われています。

 

 

頭皮もかゆいのは白髪染めが原因かも

 

もし、白髪部分だけでなく

頭皮全体がかゆいのであれば

白髪染めが原因かもしれません。

 

白髪染めの染料は、

しっかりと塗布しないと染まらないため、

頭皮まで薬剤をつけます。

そのため、繰り返しているうちに

炎症を起こす場合も。

 

1回で痒さを感じる方もいれば

数年、白髪染めを繰り返していたら

痒くなる方もいらっしゃいます。

 

  • 白髪染めをした日、
  • 白髪染めをした次の日

に、痒さが伴う場合は

白髪染めが原因の可能性が高いでしょう。

 

 

他にも原因はある

 

他にも、頭皮全体がかゆい場合は

自身の頭皮にシャンプーが合っていないのかもしれません。

 

シャンプーと言っても

中に入っている成分が異なるため

  • 肌の弱い方
  • 敏感肌の方

は、特に痒みの影響を受けやすいです。

 

シャンプーは

高級アルコール系・ベタイン系・オレフィン系など

さまざまな種類があります。

 

中でも、

アミノ酸系とベタイン系は

洗浄力が弱いため、頭皮にとても優しいです。

 

しかし、アミノ酸系、ベタイン系の中にも

さらに細かく特徴をわけた種類があるため

担当の美容師さんに相談することをおすすめします◎

 

 

白髪部分がかゆいときの対処方法2つ

 

では、白髪部分がかゆいときは

どのように対処すれば良いのでしょうか?

今回は、2つの対処方法を紹介します◎

 

①シャンプーを変える

 

まずは、シャンプーを変えてみましょう!

先程も少し説明したように

シャンプーが頭皮に合っていないのかもしれません。

 

頭皮の状態はもちろんですが、

髪質に合わせることも大切なので

美容師さんに相談した上で、購入されることをおすすめします◎

 

②白髪染めの頻度をへらす

 

白髪染めの頻度をへらすことも

痒さを軽減できる対処方法です。

できるだけ、頭皮に薬剤がつく機会を

減らすことが重要ですね!

 

とは言っても、白髪はきちんとカバーしたい方は

話題の脱白髪染めで

少し明るいカラーに挑戦しても良いですね◎

 

担当スタイリスト 樋口】

脱白髪染めの詳細は

下記の記事でご覧ください。

 

【これで解決】脱白髪染めとは?メリットとデメリットも紹介!白髪特化の学芸大学美容院が解決します

 

気になる方は美容室で伝えよう

 

白髪部分や頭皮のかゆみが続くと

どうしても気になってしまいますよね?

 

かゆみの原因は様々ですが

  • 自身に合ったシャンプーを選ぶ
  • 白髪染めをする機会をへらす

ということが、対処方法としては最適ですよ!

 

 

 

当店は白髪に関することに特化したサロンです。

あなたのお悩みをお聞かせください*

 

 

enu TOKYOでは

カウンセリングと

長くもつデザイン性をとても大切にしています。

 

お客様に好評の

enuショート・ボブ

脱白髪染め

白髪ぼかし

の良さを体感して頂けるように

しっかりとお話をさせて頂きます。

 

ショートやボブにしたい方

脱白髪染めや白髪ぼかしが

気になる方はお気軽にご相談ください!

 

 

 

enu TOKYO

脱白髪染めが得意なスタイリスト 樋口はこちら

 

 

 

脱白髪染めを検討中の方におすすめのクーポンはこちらです

上記リンクからクーポンをご選択くださいませ。

 

 

その他の脱白髪染めに関する記事はこちら!

【白髪ぼかしの頻度って?】ハイライトを入れる理由を学芸大学の美容院が解説します!

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事