Blogブログ

【違いは何?】酸性ストレートと縮毛矯正の選び方を学芸大学の美容院が紹介!

 

こんにちは

学芸大学の美容院 enu TOKYOです

 

本日は酸性ストレートと縮毛矯正の違いについて

紹介させて頂きます*

 

酸性ストレートと縮毛矯正の違い2つ

酸性ストレートを縮毛矯正の違いは、

下記の2つです。

  1. クセの伸び具合
  2. ストレートの持続力

それぞれを順に解説します

 

 

①クセの伸び具合

酸性ストレートと縮毛矯正の

1番の違いはクセの伸び具合です。

どちらの施術もクセ自体は伸びますが

酸性ストレートはクセの伸びが少し甘いです。

 

そのため、

  • ボリュームを少なくしたい
  • クセをしっかりとまっすぐに伸ばしたい

という方には、

酸性ストレートでは物足りなさを感じるでしょう。

 

 

 

②ストレートの持続力

ストレートの持続力も異なります。

縮毛矯正の場合、

アルカリの薬剤を使用しているので

縮毛矯正をかけた部分は、ずっとまっすぐな状態のままです。

 

しかし、酸性ストレートの場合、

酸性の薬剤を使用しているので

3ヶ月程度で触り心地や広がりが気になることが多いです。

 

もちろんケアをすることで

持続力はアップしますが

ストレートのもちが異なる点も

両者の違いといえるでしょう。

 

 

 

 

結局わたしはどっちがよい?

 

下記の表に

酸性ストレートと縮毛矯正

それぞれがおすすめな方についてまとめました。

 

おすすめの方
酸性ストレート
  • ブリーチをしている
  • 髪のダメージが大きい
  • 今後、パーマをかける可能性もある
  • 触り心地を柔らかくしたい
縮毛矯正
  • クセをしっかりと伸ばしたい
  • 美容院に来る頻度を少なくしたい
  • まとまりがほしい

 

酸性ストレートは、

縮毛矯正をかけたかったが

髪の状態によってかけることができなかった

という方でもできるストレートです。

そのため、ハイダメージ毛の方でもストレートにすることができますよ*

 

 

 

酸性ストレートを施術したお客様

当店のスタイリスト樋口が施術させて頂いた

酸性ストレートのお客様です。

 

ハイライトをされており、

ブリーチを繰り返しているお客様ですが

ここまでキレイなストレートにすることが出来ました!

 

つるんとしてキレイなつやが

写真からも伝わってきますね!

 

 

 

まとめ

酸性ストレートを縮毛矯正の違いは、

下記の2つです。

  1. クセの伸び具合
  2. ストレートの持続力

 

それぞれの特徴が異なるので

自分はストレートの施術に対し

何を1番求めているのか?

一度考えてみるとよいかもしれません。

また、自分で判断することが難しいかと思うので

迷ったときは担当の美容師に相談しましょう!

 

当店のスタイリスト、樋口は

さまざまな悩みをもつお客様の声を聞き

1人1人真摯に向き合い、

お互いが納得した上で

ストレートの施術に挑んでおります*

 

施術に悩んでいる方は

一度、樋口に相談してみてはいかがでしょうか?

 

 

enu TOKYOでは

カウンセリングをとても大切にしています。

お客様に好評のenuショート・enuボブ・enuロブ

自宅でも再現できるように

しっかりとお話をさせて頂きます。

 

また、脱白髪染めと酸性ストレート

当店のお客様に大人気でございます。

 

  • ショート・ボブ・ロブにしたい
  • 白髪染めをやめたい
  • 自分の髪をサラサラにしたい

そんなあなたはお気軽にご相談ください!

 

 

 

 

enu TOKYO

酸性ストレート・ハイトーンな艶髪が得意なスタイリスト樋口はこちら!

 

酸性ストレートが気になるかたにはこちらのクーポンがおすすめ!

 

上記リンクから

こちらのクーポンをご選択くださいませ。

 

 

 

 

その他の酸性ストレートに関する記事はこちら!

酸性ストレートを長持ちさせるにはケア方法が重要だった! 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

Day off ※名前記載日:公休日