Blogブログ

【白髪特化美容院が解説】白髪染めをする最適な頻度とは?色持ちさせる方法も紹介!

こんにちは

学芸大学の美容院 enu TOKYOです◎

 

当店のお客様の多くは

白髪に悩んでいる女性が多く

さまざまなお悩みをお伺いします。

 

最近では、

白髪を染める頻度は

どのくらいがベストなのでしょうか?

という質問を頂きました。

 

そこで、本記事では髪のダメージに繋げないために

白髪を染めるベストな頻度について

紹介させていただきます。

 

  • 白髪染めを長持ちさせる方法
  • 頻繁に染めることで生ずるデメリット

も解説しますので

参考にしてみてください◎

 

 

【年代別】

白髪を染めるベストな頻度

 

では、まずは年代別で

白髪を染めるベストな頻度を見ていきましょう◎

 

①10代・20代

10代や20代で白髪が生えている方は

3ヶ月に1回ほどの頻度で

カラーをしましょう◎

 

しかし、10代20代で生える白髪は

【若白髪】と言われており、

数本生えるだけのことが多く

そもそもあまり目立たないことが多いです。

 

そのため、【白髪染めで染める】というよりは

明るいカラーでぼかす】という方が

カラーが楽しめる幅が広がります。

 

②30代・40代

30代・40代の女性は、

1ヶ月半から2ヶ月ほどの頻度で

白髪を染めてあげましょう◎

白髪の量も増えてくる年齢ですが

髪の半分以上が、

白髪になっている方はほとんどいません。

 

そのため、

1ヶ月半から2ヶ月ほどで染めてあげると良いですよ!

 

③50代

50代以上の女性は、白髪の量がとても多くなります。

そのため、

3週間から1ヶ月半ほどで

白髪を染め直してあげましょう◎

白髪の量が多いと、色落ちしてきた後の

白髪も気になってしまいます。

そのため、他の年代の方に比べると

頻度は狭くなります。

 

 

一方で、頻繁に白髪を染めると

  • 髪のダメージって大丈夫なのかな?
  • 頭皮は荒れないのかな?

という不安の声があがることも事実です。

次の章では、頻繁に白髪を染める

デメリットを見ていきましょう。

 

 

頻繁に白髪をそめるデメリット

 

頻繁に白髪を染めるデメリットは

下記の2つです。

順に解説します。

 

①髪に負担がかかる

まずは、髪に負担がかかることです。

白髪染めは、普通のカラー剤よりも

脱色パワーが強い設定で製造されています。

理由は、白髪のキューティクルを

しっかりと開かせるためです。

 

白髪は、普通の髪よりもキューティクルが分厚いため

開けるパワーが必要になります。

そのため、普通のカラーよりも

脱色力が強いのです。

 

しかし、頻繁にカラーをすれば

脱色力の強い薬剤を、

頻繁に髪に与えていることになるので

髪の負担は少しずつ大きくなるでしょう。

 

 

②頭皮に薬剤の影響が蓄積される

頻繁に白髪を染めることで

頭皮の影響も考えられます。

なぜなら、白髪を染めるためには

薬剤を頭皮までしっかりとつけるからです。

 

頭皮につけずにカラーすれば

根本からしっかりと染めることはできません。

そのため、白髪染めは

頭皮までつけることが多いのです。

 

しかし、頭皮の状態やその日の体調によっては

  • 痒み
  • 傷み
  • フケ

の原因になる可能性も。

そのため、頻繁に白髪を染めることで

頭皮トラブルを起こす可能性もあるんですよ・・・

 

 

白髪がすぐに気になる理由

 

白髪がすぐに気になる理由として

白髪が黒髪よりも太くて目立ちやすい

ということが考えられます。

 

白髪染めの染料は、とても濃いものが多いため

色素が簡単に落ちるということはありません。

 

しかし、白髪事態が太い上に

色が異なることで、伸びてきた時に目立ってしまうから

3週間ほどで気になる!という女性が多いのです。

 

・・とは言っても

頻度に白髪染めをすることで

デメリットもあります。

 

でも、白髪があるってわかったまま

放置していることも、気がかりの1つに

なりそうですよね・・・

そこで、頻繁に白髪染めをしなくてもよくなる方法を

2つ紹介させていただきます◎

 

頻繁に白髪染めを

しなくてもよくなる手段

 

頻繁に白髪染めをしなっくても良くなる方法は

下記の2つです。

 

①洗浄力の弱いシャンプーを使用する

まずは、

洗浄力の弱いシャンプーを

使用することです。

洗浄力の強いシャンプーを使っていると

白髪染めの色素が抜けやすくなり

色落ちが早い!と感じる原因になります。

 

中でも、市販のシャンプーは

洗濯洗剤と同じくらい強い洗浄力をもつ

と言われているため、あまりおすすめできません。

そのため、洗浄力の弱いシャンプーを使用しましょう!

 

当店では、シャンプーだけで髪が再生できる

【髪質改善シャンプー】をおすすめしています。

参考までに公式サイトもご覧ください◎

公式サイトはこちら

 

②白髪を活かした脱白髪染めで染める

白髪を染める際に、白髪染めではなく

白髪を活かした脱白髪染めで

染める方法もおすすめです◎

【担当スタイリスト 樋口】

 

脱白髪染めとは、白髪を隠すのではなく

カバーする・活かすという考えのもと

できる染め方になります。

 

【白髪ぼかしの頻度って?】ハイライトを入れる理由を学芸大学の美容院が解説します!

 

そのため、明るい髪色にできたり

さまざまな色味に挑戦できたりと

従来の白髪染めではできなかったことが

できるようになります◎

 

また、カラーの頻度も2ヶ月に1回の方が多く

頻繁にカラーしなくても良くなった!

という女性も多いんですよ◎

 

 

まとめ

 

白髪を染めるベストな頻度は

髪の体力が関係しているため

年代によって異なります。

 

しかし、頻繁に白髪を染めることで

  • 髪のダメージに繋がる
  • 頭皮トラブルの原因になる

ということに繋がることもあるので

注意しましょう!

 

もし、あなたが少しでもカラーをする頻度を

少なくしたい!というようであれば、

  • 洗浄力の弱いシャンプーを使用する
  • 脱白髪染めで白髪をカバーする

という方法を試してみてください◎

 

当店は白髪に関する悩みを抱えた女性に

多くご来店頂いております。

あなたのお悩みも

お気軽にお聞かせください*

 

 

enu TOKYOでは

カウンセリングと

長くもつデザイン性をとても大切にしています。

 

お客様に好評の

enuショート・ボブ

脱白髪染め

白髪ぼかし

の良さを体感して頂けるように

しっかりとお話をさせて頂きます。

 

ショートやボブにしたい方

脱白髪染めや白髪ぼかしが

気になる方はお気軽にご相談ください!

 

 

 

enu TOKYO

脱白髪染めが得意なスタイリスト 樋口はこちら

 

 

 

脱白髪染めを検討中の方におすすめのクーポンはこちらです

上記リンクからクーポンをご選択くださいませ。

 

 

その他の脱白髪染めに関する記事はこちら!

【白髪ぼかしの頻度って?】ハイライトを入れる理由を学芸大学の美容院が解説します!

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

Day off ※名前記載日:公休日